Windows 7 SP1の新しいテストビルドがMicrosoftパートナーを選択する

Microsoftは、Windows 7とWindows Server 2008 R2 Service Pack(SP)1を特定のPCとTAP(Technology Adoption Program)パートナーにベータ版で公開したと同社の職員が8月30日に確認した。

マイクロソフトでは、リフレッシュビルドを行いました。そのビルド番号は、ビルド番号7601.17077と呼ばれ、8月27日に選択されたテスターグループに提供されました。リフレッシュに新しいものがあるかどうかについての言葉はありません。

私たちのテスター(TAPとOEM)の少数のグループとの通常のフィードバックループの一環として、私の暫定リリースが金曜日に出されました」と、会社の広報担当者が最新のことについて尋ねたときに電子メールで私に語った。

広報担当者は、Microsoftが、最初のサービスパックが製造にリリースされる前に、暫定SP1ビルドを公開するかどうかについてはコメントしないと述べた。マイクロソフト社の関係者は、今夏の初めに、同社が2011年上半期にSP1の最終コードを提供する予定であり、同スポークスマンは8月30日、

マイクロソフトの関係者によると、SP1のクライアントバージョンには新機能や機能は含まれていないと強調しています。 (Windows 7 SP1には、MicrosoftがWindows Updateやさまざまなセキュリティパッチを使用して提供していない機能がいくつか含まれているとのことであるが、これは新しい機能ではなく「機能拡張」であるという。サードパーティのフェデレーションサービスの強化、HDMIオーディオデバイスのサポートの強化、XPS印刷の修正など)。

サーバーバージョンのSP1には、RemoteFXとHyper-Vのダイナミックメモリ調整機能の2つの新しい仮想化中心の機能が含まれています。私は、SP1のサーバーバージョンがクライアントバージョンの配信を阻止していると推測しているが、これはMicrosoftの役人からは聞こえていないとの推測を聞いたことがある。

マイクロソフトは、7月中旬にSP1のパブリックベータ版をリリースしました。

マイクロソフトの関係者は、Windows 7および/またはWindows Server 2008 R2を展開するためにSP1を待つ必要はないと主張しています。それでも、数多くの企業顧客が、新しいオペレーティングシステムの導入を計画する上で、SP1のリリースをマイルストーンとして使用しています。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを購入できるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入