Qtホットポテト、Digiaから第4の家へ

現在の所有者であるフィンランドのDigiaが、Qtの商用とオープンソースの活動をひとつの屋根の下に統合することにした後、一般的なクロスプラットフォームのアプリケーションフレームワークであるQtが自社に派生する予定です。

QtのチーフアーキテクトのLars Knoll氏は、ブログ記事を書くと、オープンソースプロジェクトとその商用サイドの間には切り離されているため、Qtが単一の音声で話すことが難しくなったという。

「オープンソースプロジェクトとQtの商業的側面は互いに依存しているにもかかわらず、ここ数年の間に乖離している」と同氏は書いている。

長期的には、この分割は誰にも役立たない。断片化は実際に私たちの生態系を弱め、競合する技術やツールに対してQtを配置することを困難にします。

オープンソースと商用製品の分離のために、他の技術と競合するのではなく、自分たちと競合することがよくあります

Knollによれば、Qtの主な貢献者は、10月に予定されているQt 5.4リリースより前に、「最初の作品が集まっている」という6月の計画に合意したという。

Digiaの第1四半期の業績報告書(PDF)では、第4四半期の売上高は20%増の480万ユーロとなりました。

全体的には、Qtは0.9百万ユーロの営業損失を計上しました。Digiaは利益の不足の理由として「事業成長投資」を挙げています。 Digiaは、Qtビジネスが年間売上高6.5%増、営業利益5.3%増を見込んでいます。

DigiaではQtが同社の20%を占めています。

Qtが再び自社のビジネスになると、それはアプリケーションフレームワークの第4のホームになります。

もともと、Haavard NordとEirik Chambe-Engによって1990年代初頭に開発されたもので、Qtの最初の長期的なホームをTrolltechの形で発見した.Qtは2008年にNokiaの財産となった。 104百万ユーロ。

2011年にQtの商業権を購入した後、Digiaは2012年に他のすべてのQt資産を取得しました。

エンタープライズソフトウェア、?OpenOfficeは死んでいる。 OpenStackのオープンソース企業、Storage、FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指しています。

Knollは、オープンソースプロジェクトであるにもかかわらず、Digiaは現在、Qtを開発するコストの85%をカバーする責任があると述べています。

Knollは、新会社はDigiaによって完全所有されていると述べたが、フィンランドの会社は後にその再編がスピンアウトを構成しなかったと述べた。

同社は声明のなかで、DigiaはDigia内で資産と子会社とQtガバナンスの内部組織を作ったが、これ以外の影響はないと述べた。

Qtエコシステム内でのDigiaの役割は変わりません。私たちは技術を強化し、商用とオープンソースのバージョンをより緊密に結びつけて、私たちの生態系とのより良いコミュニケーションを可能にしています。

Digiaは今のようにインフラストラクチャを含むQtテクノロジの開発に資金を提供し続けます。加えて、Digiaは今後もQtの販売拡大、マーケティング、ビジネス開発の先駆けを新たな市場で先導的に展開し、Qtのリーチをさらに拡大していきます。

Qtブランドをさらに強化することが最良の選択だと考えています。

更新:Digiaステートメントが追加されました

?OpenOfficeが死んでいる。長いライブLibreOffice

一度にMS Officeの挑戦者OpenOffice:サポートが枯渇して停止することがあります

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す