OracleはGoogleから11億ドルの損害賠償を求めている

OracleとGoogleとそれぞれのCEOであるLarry EllisonとLarry Pageとの和解交渉がどこにも行かなくなったため、Oracleの事例におけるもう一つの重要な要素が最終的に成立する可能性があります。

7月に、OracleとGoogleの両方は、米国地裁のウィリアム・アルサップ前にさまざまな理由で厳しく叱られました。当時、オラクルは、アンドロイド上でJava(Sun Microsystems買収後に所有していたJava)の悪用に関連する特許侵害訴訟により少なくとも61億ドルの損害賠償を求めていました。

さらに、オラクルは実際に侵害された特許を提示することができず、弁護士は裁判官が厳重に辞職して宿題を指導したときに弁護士を怒らせたままにしていました。

オラクルは、少なくとも11億ドルの損害賠償を求めているため、少なくとも1件の課題を完了しています。ロイターが故障している

Alsup宛ての書簡で、Oracleの弁護士Steven Holtzmanは、修正された損害賠償の陳述には、特許侵害については2億200万ドル、著作権侵害については9億6000万ドルも含まれていると述べた。

この数字は、オラクルがどのようにその事件を提示しているかに応じて、より合理的と見なされる可能性があり、ハロウィーンで試用される予定です。先週、さらには数ヶ月間の和解議論が無駄であることが判明したため、最近の裁判の見通しはますます高まっています。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surfaceが長く続く

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。