Oracle、Sun Rayデスクトップ仮想化を更新

オラクルは、昨年Sunを買収して以来、製品が更新されて初めて、Sun Ray Clientとそれが稼動するVirtual Desktop Infrastructureソフトウェアの新しいバージョンを発表しました。

1月に、オラクルはSunの「デスクトップからデータセンターへの仮想化戦略」を継続することを約束しました。水曜日に発表された新たなSun Ray 3 Plusクライアントデバイスと接続ブローカーソフトウェアのVirtual Desktop Infrastructure(VDI)3.1.1アップデートは、この約束に対する約束を示している、と同社は述べている。 Oracleのデスクトップ仮想化製品には、VDI、Secure Global Desktop、Sun Ray、およびVM VirtualBoxが含まれます。

「オラクルは、デスクトップ、サーバー、ストレージ、およびミドルウェアにまたがる、最も完全かつ統合されたポートフォリオを通じて、仮想化の力を顧客が活用できるよう支援することに全力を尽くしている」と同社のLinuxおよび仮想化エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのWim​​ Coekaertsは述べている。

Sun Rayは、データセンターにホストされているデスクトップ環境を表示するメンテナンス不要のシンクライアントデバイスとして設計されています。ローカルオペレーティングシステムやストレージを持たないこのデバイスは、PCの使用に比べて消費電力を大幅に削減するように設計されています。しかし、一部の業界アナリストは、エネルギー需要がある程度データセンターにシフトしていると警告しています。

Oracleによると、Sun Ray 3 PlusクライアントはEnergy Star 5.0の資格を取得しています。これは、前世代より消費電力が少なく、より大きなディスプレイ(最大2,560×1,600ピクセルの解像度を持つ2つの30インチ画面)をサポートしているということです。

このデバイスは、ギガビットイーサネット(銅線または光ファイバ)、およびUSB 2.0、およびSFP(Small Form-factor Pluggable)モジュールを介した光ファイバネットワーキングをサポートします。

オラクルのVDIソフトウェアは、仮想化されたWindows、Linux、Solarisデスクトップへのアクセスを管理、ホスティング、提供するための集中コンソールを提供します。このアップデートでは、Windows 7を仮想化されたデスクトップOSとして使用できるようにプラットフォームのサポートが広がり、MicrosoftのHyper-VハイパーバイザにVLANサポートが追加されています。

VirtualBox 3.2ホストを使用しているため、以前のリリースのVirtualBoxよりもパフォーマンスが向上しています。

デスクトップ仮想化市場では、オラクルは先月、オフライン作業を含むデスクトップ仮想化製品であるXenClientをリリースしたCitrixなどと競争しています。 ITシステム設計会社Moose Logicの営業ディレクターであるSid Herron氏は、デスクトップ仮想化の導入は遅れていると述べています。同氏は、これは、投資家が投資への迅速な復帰を期待していることに一部失望していることもあり、

Herronは、仮想デスクトップをホストするために用意しなければならないバックエンドインフラストラクチャのために、VDIプロジェクトでは短期間の[資本支出]節約はほとんど不可能です。他の業界観察者の感情を反映しています。

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaが仮想を立ち上げるGPUモニタリング、分析

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始