NetSuiteの収益はより大きなERP収益の問題に照らして

SaaS製品は、従来型のベンダー収入を傷つけ始めていますか?

木曜日、NetSuiteは第4四半期の業績を発表した。ここ数週間で、OracleとSAPが同様に機能することがわかりました。私たち全員が見なければならないことは

– 伝統的なオンプレミスのERP収益が軟化または下落している兆候 – SaaS(ソフトウェアとしてのサービス)ERPプロバイダが獲得していることの証拠 – オンプレミスからSaaSへの顧客の脱退

ここに私が観察したことがあります。

– 3つのことが私の注目を集めました:NetSuite。第1に、年とQ4の総収入が増加しました。年間売上高は9%増(約167百万ドル)、第4四半期の売上高は4,300万ドルとなりました。第2に、同社は

– SAPの2009年の数字は、少なくとも言わせると面白いです。ソフトウエア収入は前年比27%減でした。これらは約10億ユーロ減少している。 SAP収益の最大の源泉であるサポート収益は、約11%(約5億ユーロ)増加しています。購読

– オラクルの数字は間にある。オラクルは、イン・フィル・セールスから新規セールスを打ち出しています。前者の収益は下がり、後者は上昇しています(下図参照 – Oracleが提供するデータ)。

オンプレミスのベンダーは売上高の伸びを見るかもしれませんが、理由を尋ねるべきではありませんか? SAPは今日、Business Object製品の販売が非常に好調であることを認めています。オラクルのイン・フィル・セールスも大丈夫です。これは、実際の売上高の増加が、買収された製品をクロスセリングすることによってもたらされているのか、または既存の顧客には2つのアドオン製品しか必要ないのか?

買収の影響は、ERP市場予測を厳しくするものです。オラクル、SAP、さらにはNetSuiteも買収した。 Oracleは、(Sun MicroSystems、Hyperion、IRI、Datalogix、PeopleSoftなどのような)取引の数をはるかに上回っています。 SAPでは、より少ない、通常はより小さい取引を行っています。 NetSuiteはOpenAirとQuickArrowの両方を取得しました。

社内のERPアプリケーション(Accounting、HRなど)の真の成長は、オンプレミスベンダーにとっては衰えているように見え、これらの企業におけるSaaS収益の補充は余裕を見せていないようです。はい、SAPは前四半期に新製品の販売が増加したと見ていましたが、おそらく以前の売上高の減少はすべて経済の過失ではないかもしれません。

私は過去数週間にわたって研究を続けてきましたが、多くの大企業のCIOや役員と話しました。これらの人々は、WorkdayやSalesforce.comなどの企業からSaaSアプリケーションを購入しています。彼らは社内製品を購入していない。ある役員が、SAPのオンプレミスアプリケーションのライセンスを取得したこともありましたが、WorkdayのSaaSアプリケーションでは5年間のTCOがはるかに安くなっています。 SaaSベンダーは、社内プロバイダを本当に傷つけるために、より完全な製品を必要としていますが、プラットフォーム技術を使用してすべての新しいアプリケーションをすばやく作成しています。

この市場は動いているように見えます。収益の実績と売上高を見て、トレンドが見えるようにする必要があります。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイルペイメント、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています