Microsoftは、新しいスタート、インキング、Cortanaロック画面機能を備えたWindows 10テストビルドを提供しています

マイクロソフトでは、4月22日にファーストリングのPCと電話のInsiderテスターの両方に新しいWindows 10「Redstone」プレビュービルド、No.14328を提供しています。

その他のWindows 10

タブレットユーザーの場合は、スタート画面の全アプリ一覧、ロック画面からのCortanaの使用、アクションの更新などの機能が追加されています。センターと通知、タスクバーと設定アプリの変更、タッチパッドを使用した仮想デスクトップの切り替え機能、Surfaceや他の「接続されたスタンバイ」PC、Windows Ink

Windows 10 Mobile 14329ビルドには数日後に、最新のWindows 10 Mobileテストビルド(14327)には、目立つ新機能がほとんど含まれていません。しかし、PC版はそうです。

Fast Ringテスターがこのビルドで試すことができる新機能の中には、

Microsoftは最近のBuild 2016カンファレンスでこれらの機能の多くを披露しました。特にWindows Inkの機能は、アップデートされたデジタルインク機能によって、ユーザーが付箋を作成し、ホワイトボードに描画し、それをサポートするサードパーティ製アプリケーションとMicrosoftアプリケーションでインクを使用できるようにするというデモンストレーションを行いました。 (WindowsインクをサポートするMicrosoftアプリケーションにはEdge、Maps、Officeが含まれます)。

この新しいビルドには前述のCortana-lockscreenの変更も含まれているので、ユーザーはCortanaにlockscreenから「帰る前に牛乳を購入する」のようなリマインダを設定するように要求することができます。このビルドの他のCortanaの変更には、Cortanaを最初に設定したりサインインせずにCortanaを使用する機能が含まれています.Cortanaの通知は、Microsoftの関係者が以前に述べたように、Action Centerでも表示されます。

今日のブログ記事には、Build 14328の一部であるこれらの機能などについての詳細があります。

これらの機能は、Windows 10周年更新の一部となる予定です.Windows 10 Anniversary Updateは、2016年7月ごろ、今夏に一般公開される予定です。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のヒント:デスクトップまたはロック画面のための完全な背景を作成する、Windows 10 EnterpriseをMicrosoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用できるようにする、Microsoftの新しいビジネスモデルWindows 10: Pay for play; MicrosoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようになりました。Windows 10の問題のトラブルシューティングと修復

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ