Microsoftの12月のIntuneアップデートにより、Office on iPadアプリ管理が可能に

Microsoftは、11月にIntuneのモバイルデバイス管理の最新版を発表したばかりで、12月9日にはIntuneアップデートのもうひとつのアップデートを提供しています。

デバイス登録およびコンプライアンスポリシーに基づいてExchange Online電子メールへのアクセスを制限する機能、管理されたアプリケーション外でのコピー、切り取り、貼り付けなどの操作を制限する機能を含む、iOSデバイス用のOfficeモバイルアプリ(Word、Excel、PowerPoint)の管理iOS用のIntune App Wrapping Toolを使用して既存の基幹業務アプリケーションへのアプリケーション保護を拡張する機能、特定のWebサイトへのアクセスの許可/拒否を含む、ユーザーが実行できるアクションを制御するAndroidデバイス用のマネージドブラウザアプリ。ユーザーが企業コンテンツを安全に閲覧できるようにする、Androidデバイス用のPDFビューア、AV Player、およびImage Viewerアプリ、Apple Configuratorを使用してiOSデバイスを一括登録し、Apple Configuratorを使用して設定ファイルを作成し、これらをインポートするファイルをIntuneに組み込んでカスタムのiOSポリシーを設定する、OMA-URI設定を使用してAssigned AccessモードでWindows Phone 8.1デバイスをロックダウンする、OMA-URI設定を使用してWindows Phone 8.1デバイスに追加のポリシーを設定する機能

興味深いことに、今日のバッチに含まれているIntuneのアップデートは、MicrosoftがEnterprise Mobility Suite(EMS)ミッションの中心的な役割を果たしていると主張しているコンテンツのロックダウンと管理の提供に重点を置いています。

11月にMicrosoftの幹部は、今後数ヶ月でOffice on iPadコンテンツを管理するために必要なIntuneの一部を利用できるようにする予定だと語った。 (これは、これらの更新が2015年第1四半期になると最初に言いました。)

特徴的には、マイクロソフトはこれらの部分を後でなく早く入手可能にしているようだ。 Windows ITProのRod Trentは、Intuneへのより速いIntuneロールアウト・ケイデンスが「完全なネイティブAzureサービス」として再構築されていると見なします。

12月9日から12月12日にかけての12月のIntuneのアップデートの一覧は、Microsoft Intuneのブログに掲載されています

Intuneの最新のブログ記事によると、最近導入されたAndroid向けオフィス向けの同様のコンテンツ管理とロックダウンを提供するために必要なIntuneのアップデートは、まだ「すぐに来る」とのことです。 Android用オフィスは現在プレビュー中で、2015年初頭に一般公開される予定です。

EMSには、Azure Active Directory Premium、Azure Rights Managementサービス、Intune(最近までWindows Intuneと呼ばれていたモバイルデバイス管理サービス)の3つの部分があります。現在、EMSは、大量のエンタープライズユーザーにはボリュームプラン、マイクロソフトの幹部は、この要件が比較的早く緩和される可能性があることを示唆しているが。

マイクロソフトはここ数ヶ月間、EMSによってユーザーが自分のデバイスだけでなく、アイデンティティ、アプリ、データをiOS、Android、Windowsデバイスで保護し管理できるようにすることを宣言しています。

これらのiPhoneとiPadはすべて9月13日に廃止になります

アップル社が新しいiPhoneをリリースしたとき、アンドロイドの所有者は何をしているのですか?イノベーション、M2M市場ブラジルに戻ってくる

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる