IBM、AT&Tのスターリングコマースを14億ドルで買収

IBMは14日、AT&Tのスターリングコマースを14億ドルで買収した。 Big Blueは、Sterling Commerceとその従業員2,500人をWebSphereミドルウェア・ユニットで盛り上げると発表した。

この動きは、Sterling Commerceが大企業の中に別の家を持っていることを意味します。企業間サプライチェーン、統合および履行ソフトウェアを提供するスターリングコマースは、2000年にSBCコミュニケーションズによって39億ドルで買収された。 SBCは後に2005年にAT&Tを買収し、その名をとった。 AT&Tの一部門として、スターリング・コミュニケーションズは引き続き、電子ビジネスポートフォリオを完成させるために選択的買収を行った。

声明によると、IBMはSterling Commerceのビジネスを使用して、オンプレミス・アプリケーションまたはクラウド・コンピューティングを通じて、顧客向けにより多くのサプライヤーの自動化ツールを作成します。 IBMのサム・パルミサーノCEOは、2週間前、同社は2015年までに買収に約200億ドルを費やすと述べた。

スターリングコマースは18,000以上のグローバル顧客を抱え、主に金融サービス、小売、製造、通信、流通企業の取引に重点を置いています。 IBMは、ヘルスケアのような他の業種でもSterling Commerceの設置面積を拡大する計画だという。

この取引は、下半期に終了する予定です。 AT&Tは7億5,000万ドルの税引前利益を得る予定です。

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

GoDaddyがWordPress管理ツールManageWPを購入

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインディアンテレコムを揺るがすCloud;?XeroはBPAY決済、SMB、WordPress管理ツールManageWP、Eコマース、MasterPardとのパートナーシップを拡大するためにMacquarie Bankと提携

PayPal、MasterCardとのパートナーシップを拡大