IBM、クラウド仮想デスクトップサービスを開始

IBM Global Technology ServicesのJan Jackman副社長は次のように述べています。「パブリック・デスクトップ・クラウド・サービスは、コスト削減、柔軟性、柔軟性を実現するために設計されています。これにより、企業はデスクトップ・インフラストラクチャーの導入と管理に手頃で、かつてないほどのクライアントにスケーラビリティとセキュリティを提供します。

このサービスは、10月に欧州および北米の企業に提供される予定だという。

IBMによると、企業はこのサービスを使用するために最小限のハードウェアを必要とします。 「インターネットブラウザとJavaを実行できるマシン(シンクライアントやPC)が必要なだけで、ユーザーはインターネット経由で安全な接続で簡単にログオンできる」と同社は語った。

新しいデスクトップサービスは、新しいハードウェアを購入する潜在的な代替手段として、デスクトップ仮想化に関するより広い戦略の一部であるとIBMは述べています。 IBMは、Citrix、Desktone、VMware、Wyseとの主要技術とビジネス・パートナーシップと、顧客評価と戦略計画のためのIBMツールを使用して、クライアントがPCの交換のジレンマに取り組むのを支援しています。

6月には、IBMはクラウド開発と仮想デスクトップに焦点を当て、スマート・ビジネスブランドの一環としてクラウド製品とサービスのセットを発表しました。開発サービスには、IBMが管理しているクラウド上でソフトウェアをテストできるベータ・サービスと、同様のサービスであるがプライベート・クラウド・モデルに基づくIBMスマート・ビジネス・テスト・クラウドというサービスがあります。

3月にIBMは商業用および学術用に設計された施設で、コンピュータサイエンスや気象学の研究プロジェクトに使用できる施設であるダブリンのすぐ外に最初のクラウドセンターを開設したという。

デスクトップへのクラウド・コンピューティングと仮想化の潜在的な影響については、サーバーの影響と同じくらい注目されていませんが、IBMはこの分野を調査する唯一の会社ではありません。今年の4月、スウェーデンのスタートアップ「Xcerion」は、消費者とモバイルワーカー向けの仮想デスクトップ「iCloud」のパブリックベータテストを開始しました。 iCloudは、Googleドキュメントやその他のサービスで提供されるホスト型アプリケーションのアプローチとは異なり、ブラウザで動作する完全に機能するオペレーティングシステムに似ています。

そして、先週、RES SoftwareはPowerFuse Workspace Extenderを発表しました。同社は、IT部門が、基盤となるインフラストラクチャを意識することなく、単一の仮想化環境でリモートサーバーベースおよびローカルデスクトップベースのアプリケーションを提供することを約束します。

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換

この記事はもともと英国のウェブサイトに掲載されました。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする