HP Scanjet N8460レビュー

ドキュメントスキャナはさまざまな形とサイズがあり、HPのScanjet N8460はこれまでに見た中で最も大きくて奇妙なデスクトップモデルの1つです。

Scanjet N8460は、大容量100枚の自動原稿給紙装置を搭載したフラットベッド設計に基づいており、紙原稿をモノクロで最大35ページ/分の速度でデジタルスキャンに変換しながら無人で実行することができます。色は20ppmです。また、自動両面スキャンを扱うことができ、多くの洗練されたポストスキャンオプションがあります。柔軟性に加えて、フラットベッドプラテンは、最大216mm×356mmの大型原稿に対応するのに十分な大きさなので、雑誌や写真などのより大きな文書をスキャンすることができます。

優れたソフトウェアバンドルには、ScanSoft(現在のNuance)PaperPort、I.R.I.S.などの高度に評価されたアプリケーションのフルバージョンが含まれています。 Readiris Pro OCRおよびKofax VirtualReScan。これはプロフェッショナルレベルの製品であるため、迷惑な試用版や機能低下したソフトウェアはありません。

これらのパッケージを含めることで、Scanjet N8460を既存の電子ワークフローシステムに簡単に組み込むことができます。たとえば、ドキュメントを直接Microsoft SharePointポータルにスキャンすることができます。スキャンは自動的に最適化され、最小限のファイルサイズで最高の品質を提供します。パッケージには完全なアーカイブ文書管理システムも含まれています。

HPのテストでは、スキャンが開始されるとHPのスキャン速度が確認されました。スキャンボタンを押しても、PCソフトウェアがロードされてスキャナが初期化されている間に通常数秒の遅延があります。

いくつかの文書スキャンソリューションとは異なり、N8460はUSB(2.0)接続のみを提供し、したがって、使用中はPCにつながれたままでなければなりません。スキャンした文書を社内ネットワークに配布するには、添付のPCを使用する必要があります。

実際、N8460は比較的愚かなデバイスです。コントロールボタンと小さなLCDステータスパネルが選択されていても、スマート処理のほとんどすべてがHPの付属ソフトウェアを使用してPC上で実行されます。

それでも、高度なスキャンジョブは、ホストソフトウェアが設定されるとスキャナから直接開始できます。事前に設定されたスキャンプロファイルに従ってカスタマイズできる4つのプログラム可能なボタンがあります。これらの製品は事前にインストールされており、お客様のニーズに合わせて簡単に変更できます。たとえば、ボタン1はグレースケールで150dpiの片面をスキャンするように設定でき、ボタン2は両面OCRスキャンを開始することができます。

高度なオプションを使用すると、スキャンでさらに調整を必要としない完成文書を確実に配信するために必要なすべてのパラメータを制御できます。これらのオプションには、自動回転、空白ページの削除、バーコード認識などがあります。

システムはセットアップ後はうまくいきますが、コントロールパネルはそれほど有用ではありません。暗い灰色のボタンが暗い灰色の背景にあり、それぞれに番号が付けられているため、それぞれがどのように覚えていなければなりませんプログラムされた。単線LCDはバックライトではなく、必要な情報を伝えるには小さすぎるため、画面上をゆっくりとスクロールするメッセージが表示され、メニューのナビゲーションが遅くなります。

スキャナのソフトウェア機能を1つのコントロールパネルに統合しようとするHPの試みは、合格できませんでした.32ビットWindows Vistaのクリーンインストールでは、一見ランダムな不具合が発生しました。何が起こっているのかの良い感覚。たとえば、スキャナツールソフトウェアを起動すると、「スキャナが見つかりません」というメッセージが表示された画面が表示されます。この画面は、画面にメニューが表示されるまで数秒間残ります。

初心者は、システムが正常に動作しているかどうか不思議に思うかもしれませんが、これはあなたが作業することを学ぶ特異性です。多くの従業員が文書をスキャンする必要があるオフィス環境では、誰かがスキャナーに近づき、直感的に正しいスキャンボタンを見つけて、自分の文書が正しく処理されています。

Scanjet N8640は、さまざまなドキュメントを処理するのに十分速く、柔軟性があり、非常に有能なソフトウェアバンドルが付属しています。しかし、システム全体では、使いやすさの改善が得られるはずです。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン