Google対Facebook対Baidu:インターネット帝国の戦い

あなたの国で最も人気のあるウェブサイトが何だったかを推測しなければならない場合は、おそらくほとんどの人がGoogleを推測していて、あなたがどこに住んでいるかによって、あなたは正しいだろう。

オックスフォード・インターネット・インスティチュート(Oxford Internet Institute)の情報地理学によるAlexa Websiteの人気データの最近の分析では、「Googleはヨーロッパ、北米、オセアニアのほとんどで最も訪問されたウェブサイトです。中東、北アフリカ、そしてスペイン語圏の大半のアメリカ人が含まれています。

より詳しく見ると、Googleは本当に世界的な総合優勝者です。 「Googleがインターネットで2番目に訪問したウェブサイトを見ると、インターネット上のGoogleの力ははっきりと分かります。最も訪問されたウェブサイトとしてFacebookが登録されている50カ国のうち、36カ所が2番目に訪問したGoogleです残りの14カ国にはYouTube(現在Googleが所有)が掲載されています。

今日、インターネットはどこにでもあり、私たちは個人的な生活やビジネスのために本当に意味することを心に抱いています。

これに対する最大の例外は中国です。そこには、中国の検索エンジンBaiduはトップサイトです。大部分は、Googleが中国の検閲に対応して2010年に中国から抜け出したからだ。それ以来、Googleは中国から離れ続けています。

報道官キャサリン・A.トレイウィックは外交政策において、中国政府がBaiduがGoogleをBaiduに使用しようとする試みをリダイレクトすることで読者層を拡大するのを支援しているかもしれないと指摘した。 Baiduはこの主張を長い間拒否してきた。興味深いことに、Baiduは韓国のお気に入りのWebサイトでもあるようです。

世界の他の地域では、Yahooは台湾と日本で1位を維持しています。ロシアでは、Yandex検索エンジンが一番上にあります。

グローバルな視点から見ると、「Googleは、10億人以上の人口を抱えるインターネット人口全体の半数に最も多く訪れたウェブサイトアカウントです。中国と韓国の大規模なインターネット人口のおかげで、Baiduは2位、Facebookは3位に入る。

 ストーリー

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Facebookはソーシャルネットワーク、Google+、YouTubeの2番目の戦い、Googleの中国でのショッピング検索サービス、ロシアの素晴らしいビジョナリー:Ilya Segalovich:Yandexの共同設立者、中国の第3位、第4位の検索エンジンは4億4,800万ドルの取引で合併、Baidu Q2 mobileはじめて収益の10%を超える

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます