第1四半期のPCチップの売上高は、Intelが支配し、AMDは地面を保持

第4四半期のPC半導体出荷台数は、IntelのSandy BridgeとAMDのFusionラインを搭載したメーカーが7.4%増加した。 IDCによると、インテルの市場シェアは全体で80.8%となった。

IDCは2011年にPCチップの売上高が17.6%増の430億ドルになると予測しています。

注目に値する第1四半期の統計

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ

全体として、インテルの市場シェアは80.8%です。 AMDはViaが0.2%で18.9%、IntelはモバイルPCを86.3%のシェアで支配している。 AMDはViaと0.3%で13.4%のシェアを持ち、デスクトップではIntelが72.4%、AMDが27.4%、IntelはAMDと93.9%で6.1%のシェアを占めている。 AMDはサーバで0.3%のシェアを獲得した; IDCは2011年のPCチップユニットを10.3%増やすと予測している。

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ