日本のルネサス、海外企業へのモバイルチップ事業の売却を検討

ルネサスは、3年前にノキアから買収した携帯電話チップ事業の売却について、外国企業と話し合っている。

ロイター通信は、今年2月22日に大統領に就任した鶴丸哲也氏が、東京の記者団に対し、「これは我々が検討している選択肢の一つだ」と述べた。

鶴丸氏は、「海外が主な焦点だ」と述べたが、日本での販売も可能だと付け加えた。同氏は、ルネサスがどの企業と話し合っているかを特定したり、国内取引に関する議論が進んでいるかどうかを確認しなかったという。

鶴丸氏のコメントは、ルネサスが2013年度にモバイルチップを販売するかどうかを決定すると発表してから約1週間後になる。

ルネサスは2010年にノキアから19億米ドルの事業を買収して赤字となり、最終的に12月に政府主導の救済措置を受ける16億米ドルの損失をもたらした。ルネサスの技術が海外で手に入る恐れがあることから、米国のプライベートエクイティ企業であるKKR&Coの入札に反対したという。

ルネサスは10月にも、銀行や主要株主である日立、NEC、三菱電機などから10億ドルを受け取ったという。

ロイターによると、同社は9月末までに州の資金調達を受ける。同社は、納税者が資金を提供するイノベーション・ネットワーク・オブ・ジャパン(INCJ)が所有する、3分の2分の1の株式と引き換えに、政府主導の救済措置に合意した。

報告書には、ルネサスはまだ全面的な合併に参加すること、テレビ、デジタルカメラ、その他の民生用電子製品に使用されるマイクロチップを作るパナソニックと富士通のシステムチップ部門とはまだ話し合っていないと言われた。

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす

ルネサスは車載用のマイクロコントローラチップを製造する世界有数のメーカーです。先月、2013年3月までの利益予測を、前回予想の210億円の利益から260億円(272.24百万米ドル)減少させた。

昨年7月には、コストを節約するために5,000人以上の雇用を削減した(世界の従業員の12%)、今後3年間で国内工場18ヶ所を閉鎖または売却する可能性があるとしている。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す