モトローラはすべてのタブレット、ほとんどのスマートフォンをドイツの店舗から引き出します

モトローラモビリティは、最近数ヶ月間積極的で成功した訴訟のおかげで、現在ドイツで開発されている製品のほんの一部を在庫しています。

同社は、ソフトウェア大手マイクロソフトによる特許侵害の訴えを受け、ドイツの裁判所で一連の敗北を喫した。しかし、モトローラは最近、ケージの裏側に勝利し、マイクロソフトの訴訟の進展が偽証ではないことを証明した。

ドイツの地方裁判所は、今週初め、WA州のレドモンドに所在する会社の特許がモトローラに侵害されていないと判決した。マイクロソフトの主張に対するモトローラの最近の勝利にもかかわらず、以前の差し止め命令がそのまま残っています。

Appleはまた、電話メーカーがAppleに属している欧州の特許を侵害した後、モトローラに対して進行中のプレイノートをプレイする権利を持っていた。

昨年Googleから125億ドルで買収されたMotorola Mobilityは、現在この数多くの携帯端末をドイツで提供しています

そのとおり。モトローラのRazr i、Motorola Razr HD、およびMotorola Gleam +の3つのデバイスのみが現在ドイツのオンラインMotorolaストアで利用可能です(すべてのリンクはドイツ語です)。

Androidスマートフォンメーカーの問題を悪化させるため、Googleが所有する部門は現在、この数多くのタブレットをドイツで提供しています

大まかな翻訳:「Keine ergebnisse」は「結果なし」を意味します。国内で販売されているモトローラブランドのタブレットは1つではありません。

先月の別のケースでは、ミュンヘンの裁判所は、モトローラモビリティが、ドイツで販売されていたすべてのAndroidスマートフォンとタブレットをリコールしなければならないとし、アップルに帰属する特許を侵害すると述べた。カリフォルニア州クパチーノに拠点を置く技術大手が誇張したいと思うコストによっては、モトローラデバイスの販売、市場からの回収、または破壊される可能性があります。

Fossの特許の著者であるFlorian Mueller氏は、ドイツの技術ニュースウェブサイトAreamobileの後のニュースを報告した最初の人の1人であると述べた.Motorola Mobilityは特許を脅かすことや法廷訴訟からAndroidを保護するためにスマートフォンメーカーを買収したにもかかわらず、ミューラーは言う。

モトローラの広報担当者によると、Areamobileによると、特許侵害ソフトウェアは「再加工」されていると述べられているが、デバイスが販売開始された時点についての期限は提示されていない。

ドイツでのモトローラ・モビリティの市場シェアは決して健全であるとは決して言えませんが、プラットフォームやオペレーティングシステムとしてのAndroidは依然として人気があります。

マイクロソフトはすでに、ドイツのモトローラモビリティに対する3つの別個の差し止め命令を保証している。これにより、Google所有のユニットは、ソフトウェア特許が侵害されたAndroidソフトウェアを店頭から引き出したり、

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。

しかし、マイクロソフト社の最高弁護士は、8月に「特許の平和を求めることを望んでいる」と述べ、マイクロソフト社の全米弁護士のブラッド・スミスと副総裁ホラシオ・グティエレス氏は、マイクロソフトは「常に決済されてきたモトローラとの特許訴訟

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surfaceが長く続く