マイクロソフト:Windows 7の販売終了日を控えて

先週、マイクロソフトは、2014年10月30日にWindows 7がプリロードされたマシンをPCパートナーに販売させないことを計画していることを公開した。

Redmondiansは現在、日付が間違って表示されていると言っています。新しい正式な言葉は、MicrosoftがWindows 7のプリロードの終了日がいつ決まるのかまだ決まっていないということです。 (Neowinは2014年10月30日から週末にかけて “TBD”に変更を報告しました)

スポークスパーソンは、次のような声明を出して、

Windows 7がプリインストールされているPCの販売終了日はまだ確定していません。先週の世界のWindowsライフサイクルページに投稿された2014年10月30日の日付は間違いで行われました。その後、正しい情報を記載するようにウェブサイトを更新しましたが、英語以外の言語のページでは、販売終了日が「決定」されていることを正しく反映するまでに時間がかかることがあります。これがお客様に何らかの混乱をもたらした可能性があることをお詫び申し上げます。 Windows 7のライフサイクルが利用可能になると、その詳細を共有します。

マイクロソフト社はまた、他の期限切れ、すなわち小売で販売されるWindows 7の箱入りコピーの可用性の終結が、実際には2013年10月30日であることを確認しました。

Microsoftが2014年10月30日のOEMカットオフ日を守るかどうかは面白いことです。そのタイミングは、Softiesが1年以内にWindows 8へのアップグレード(または少なくともアップグレードを検討すること)に向けて、より多くのWindows 7ユーザーを獲得できると考えるならば意味があるだろう。状況がうまくいかない場合は、おそらくマイクロソフトでPCのプリロード日付をさらに押し上げることになります。

Windows 7のサポート終了日は今のところ延長されていません。 Windows 7 Service Pack 1がインストールされているメインストリーム(無料、マイクロソフト提供)のサポートは、2015年1月13日まで有効期限が切れていません。マイクロソフトでは、Windows 7のセキュリティ修正プログラムを1月14日、2020。

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?

Windows 10のヒント:ワンクリックでネットワークの問題を解決する

Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、エンタープライズソフトウェア、Microsoftの新しいビジネスモデル、Windows 10:有料プレイ、Microsoft、Androidの未来はWindows? :ワンクリックでネットワークの問題を解決する