マイクロソフトは、Oracleデータベースのユーザーをつかむために ‘フリーライセンス’の旗を振る

マイクロソフトは、SQL Server 2016の起動マシンでクランクを開始し、移行オファーを使用してOracleデータベースユーザーを追跡しています。

同社が2時間の仮想データ中心のイベントを開催する3月10日に、マイクロソフトは、担保の一部として新しいSQL Server Migration Offerを紹介します。

この契約のダウンロード可能なデータシートによれば、ユーザーは不特定多数の「無料SQL Serverライセンス」(ソフトウェアアシュアランスのサブスクリプションが必要)と、OracleのSQL Server 2016への移行を開始するための無料のトレーニングと補助的な展開サービスを利用できます。

テストの最終段階に近づいているSQL Server 2016には、オンライントランザクション処理、メモリ内データウェアハウス、データベース内アナリティクス、および組み込みセキュリティ機能を含むいくつかのハイエンド機能が含まれています。 Microsoftの関係者は、SQL Server 2016が一般的に利用可能になる時期については、この暦年を超えてまだ言及していません。

MySQL Fabricは、エンタープライズにとってMySQLデータベースのスケーリングと管理を簡単にするように設計されています。

Migrationオファーの小冊子には、最低50コアの要件を満たし、ソフトウェアアシュアランスの対象範囲を運ぶにはSQL Serverのインストール全体を必要とするSCE(Server Cloud Enrollment)ライセンスプランに加入する必要があることも記載されています。オファーのトレーニングとサービスは、2016年6月30日までにのみ利用可能です。

マイクロソフトのアナリスト、Wes Miller氏は、ユーザーはSCEに注意を払う必要があり、取引が理にかなっているかどうかを評価する際に最低限の必要性があると指摘しました。

「契約の期間中に真剣にSQLに変換してコミットしようとしている組織にとって、財務的に魅力的な提案であるようだが、組織はいつものように契約のすべての条件を考慮する必要がある」

今週、マイクロソフトは、SQL Server 2016に搭載されている機能のすべてではなく、主要なSQL ServerリレーショナルデータベースコンポーネントをLinuxにもたらすことを発表しました。 UbuntuやDockerのコンテナで試してみたい方のためのテクニカルプレビューが提供されています。 Linux上でのSQL Serverの一般的な利用可能性は、オンプレミスとクラウドの両方で利用可能となり、2017年中頃です。

マイクロソフトの一部のウォッチャーが指摘しているように、オラクルのエンタープライズデータベースは、MySQLやLinux上で利用可能なその他のオープンソースデータベースではなく、LinuxでのMicrosoft SQL Serverの本当のターゲットです。

アップデート:MicrosoftのData Driven仮想イベントからのスライドが示すように、Oracleのより直接的なターゲット設定

GODAN、公開データで世界に栄養を与える

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

データ管理、オープンデータを世界にもたらすGODAN、ビッグデータ分析、DataRobotはデータサイエンスの低懸念の果実を自動化することを目指す、クラウド、コネクテッド、クラウド時代はより良いネットワークが必要ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズムZipの背後にあるテクノロジーを置き換える

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す