マイクロソフト、ビスタの請求額852億ドル以上で起訴

ワシントンの学者は、世界が「Vista Capable」になるにはどれくらいの費用がかかり、その数字は852億ドルだと見積もっています; Vista Capableは、「Windows Vistaが開始されたときにMicrosoftとITサプライヤが使用した用語です2006年には、Microsoftのオペレーティングシステム(OS)を使用している場合、PCとラップトップが機能することが示されました。

Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説、モビリティ、Kobo Aura ONE、First Take:大画面電子リーダー8GBのストレージ;イノベーション;すべての時間の最先端の技術発明高度な文明

ワシントン大学の学者Keith Leffler氏は、世界のノートブックとPCをアップグレードしてOSのフルバージョンを稼働できるようにするために、39億2000万ドル(約28億円)から852億ドルの見積もりを出しました。

この問題は、米地方裁判所のマルシャ・ペフマン判事に裁判所の訴訟が起こったことと、水曜日の訴訟に関する文書の一部が解約されたために生じた。マイクロソフト社は、PCを作ったもの、Vista対応可能なものについての誤解を招く人々が主張しているという理由で、いくつかの批判に直面している。

マイクロソフトはVistaの発売時には1GBのメモリしか必要ないと言っていたが、VistaのAeroインターフェースを使いたい場合は2GBが必要で、2GBも必要だったという。法的措置によれば、Vistaが正常に動作するには2GBのメモリが必要なので、マイクロソフトはこれを明確にすべきだった。

現在、1940万台のPCは、Aeroを動作させるために1GBのメモリとグラフィックスカードまたはオンボードのチップセットが必要になると主張されています。 Lefflerはデスクトップをアップグレードするための最大コストを$ 155に設定し、ノートブックの統合グラフィックスは交換するのが難しく、ユニットあたり245ドルから590ドルのコストがかかることを示唆しています。 Leffler氏の証言によると、総費用は39億2000万ドルから852億ドルになる可能性があり、場合によっては、アップグレードすることができなかったノートブックの完全な交換が含まれる可能性があるという。

Lefflerによれば、マイクロソフト社は総額39億2000万〜85億2000万ドルの価格に直面する可能性があり、場合によっては、アップグレードすることができなかったノートブックの完全な交換を含めると、

スタートレック:私たちの科学は科学のフィクションに近い9つの方法

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

高度な文明のすべての時間の最高の技術の発明