フィリピン政府、厳しいICTロードに直面

フィリピン政府のICT産業は最近、2つの主要な政府プロジェクトに苦しんでいた論争を克服するために苦戦しているが、現在、1つの政府機関がその株式を回収し、地元のICT市場に影響を与えることを目指している。

最近の記憶の中で最も重要な論争の2つは、国のICT関連プロジェクトであるNational Broadband NetworkとMegaPacificの投票用コンピュータ化プログラムであった。

政府が疑わしい契約を締結したのは今回が初めてではないが、その結果としての落ち込みがICT分野に疑念を投げかけている。しかし、技術革新の波に乗ろうとしている国にとって、フィリピンは他の頼みがないように思われますが、これらの不規則から進んでレッスンを引き出すことになります。

この側面では、政府の主要ICT代理店である情報通信委員会(CICT)が注目を集めています。

しかし、CICTは約4年前の創業以来、独自の問題を抱えています。国営通信局(NTC)や電気通信事務所(Telof)などの多くの付属ユニットが、すべて代理店から引き出されている。過去数年にわたって、首脳と委員長も出て行きました。

同局の新任のRay Anthony Roxas-Chua IIIは、官公庁のICTプロジェクトへのインパクトを高めるために、その戦略を変えようとしている。

CICT委員長Timoteo Diaz De Riveraによると、代理店は現在、政府のプロセスにおける技術の価値に印象を与えないかもしれない小規模なプロジェクトに焦点を当てるのではなく、いくつかの大規模な実装に集中したいと考えています。

De Rivera氏はインタビューで、これらのイニシアチブの1つは、特定の公立高等学校でインターネットラボを設立することにより、教師や生徒に関連する教育用デジタルコンテンツやアプリケーションへのアクセスを提供することを目的としたiSchoolプロジェクトだと語った。

このプロジェクトは、予算が4億ペソ(または推定1000万ドル)で、2006年に当局によって開始され、現在は第2段階に入っています。 De Rivera氏は、「アジアのWebサイトには、長期的にはIT能力を強化するこれらのタイプのプロジェクトに時間とリソースを集中したい」と語った。

フィリピンは、政府が策定したICTマスタープランの下、2010年までに100万のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と技術関連の仕事を創出するという目標を掲げている。

現在、CICTが関与している政府のICTプロジェクトには2つのカテゴリーがあります.1つ目はCICT自体が実施しているイニシアチブを含み、もう1つはCICTが監督または助言機関として働く官僚間のプロジェクトです。

最初のセットには、コミュニティe-Center、eLGU – 地方政府における電子ガバナンス、eGovernment Portal、e-University Networkなどのプロジェクトがあります。 2番目のリストには、税関局、食品医薬品局、公務員委員会、予算管理局、財務省、および保健省の自動化プロジェクトが含まれています。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、テクノロジー幹部デッキをシャッフルするANZ Bank

どちらのリストにも、未完成、放棄、紛争のあるイニシアチブ、または単に資金がなくなったイニシアチブが充実しています。

例えば、CICTのプロジェクトであるTeleango sa Barangay(Telephone for the Villages)は、交通通信部と共同で、数百万ペソのペソを拠出したメディアで繰り広げられている。よりよい解決策となっています。

もう1つは、海上安全の遭難警報と船舶と船上の人への告知のための通信ネットワークを確立することだったグローバル海上遭難安全システムである。 2000年に開始されて以来、請負業者との紛争の後に放棄され、プロジェクトサイトに既に配備されている機器の劣化につながっています。

しかし、すべてのプロジェクトが悪い結果を見せたわけではありません。 CICTのペットイニシアチブの一部は、かなりのレベルの成功を収め、フィリピンのICT競争力に貢献しています。 eLGU(地方自治体単位のWebテンプレートを提供することを目指す)やeGovernment Portalなどのプロジェクトは、これらの例のいくつかです。

フィリピン政府がICTプロジェクトの成功した展開の面で打率をさらに改善できるかどうかはまだ分かっていない。

しかし、アジアの研究機関IDCは今年、フィリピンのICT支出が2008年に20億3000万ドルに達すると予測しています。

IDCは、「現在の政権下では、ICTはすでに流行語となっており、フィリピンのサイバーサービスの回廊計画や様々な政府自動化プロジェクトの継続的な実施など、経済発展に大きく貢献している」と語った。

Melvin G. Calimagは、フィリピンに拠点を置くフリー・ライターのITライターです。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル