ハイグレードUltinote M6400レビュー

一見すると、ハイグレードのUltinote M6400は、おそらく、かさばって重い、簡単な2スピンドルノートブックのように見えますが、銀色と青色の整理では十分にハンサムです。しかし、それは暗い秘密を秘めています。 Ultinote M6400は、Pentium 4プロセッサを搭載しています。今後のモバイルバージョンではなく、主にノートブックではなくデスクトップPCで使用するために設計された1.8GHz Northwoodの部品です。

Intelは、ノートブックのデスクトップPentium 4チップ、SpeedStepのような節電技術が利用できないこと、そしてより低い接合温度(例えば、ハイスピード)を保証していないことを警告するこの練習(Hi-Gradeは単独ではない)のデスクトップチップは、より多くの冷却を必要とするため、過熱の可能性が高くなり、「クロック調整」が低下し、パフォーマンスが低下します。

これにより、デスクトップのPentium 4チップ搭載のノートブックは、Northwoodのような比較的低電圧の0.13ミクロンのものでさえも、より嵩張り、ノイズが多く、バッテリ寿命が短くなり、定格クロック速度よりもパフォーマンスが低下する可能性が高くなります提案する。ノートブックベンダーは、できるだけ早く自社製品に「ペンティアム4」のステッカーを表示することを望んでおり(デスクトップとモバイルチップの低価格を利用するだけでなく)、これらの追加の制約の下でノートブックを設計するという課題に取り組んでいます。 Hi-GradeはUltinote M6400でどれくらいうまくいったのですか?

Ultimate M6400は、1.8GHz Northwood Pentium 4プロセッサとは別に、Intelの845チップセット、512MBのSDRAM(最大使用可能)、40GB Hitachiハードディスクドライブ、DVD-ROM / CD-RWコンボドライブ、14.1in 。 ATIのMobility M6-Mグラフィックチップと16Mb DDRメモリを搭載したXGA TFTディスプレイ

その外観に関しては、Ultunote M6400は、幅31.3cm、深さ26.3cm、高さ3.8cm、バッテリー3.35kg(ACアダプターとメインケーブル、体重は3.95kgに上昇する)。シャーシはシルバーとブルーのプラスチックで覆われており、スマートに見え、ノックするのに適度に抵抗するようです。十分な冷却が必要なシステムに適しているため、換気口がたくさんあります。グリルは、左側、背面、下面、およびスクリーンとキーボードの間にあります。後ろ側と下側に2つのファンがあります。

また、左側にはType II PCカードスロットが1つと内蔵10 / 100Mbit / sイーサネット接続用のRJ-45ポートがあります。右側にはDVD-ROM / CD-RWコンボドライブとFast赤外線ポートがあり、背面には2つのUSBポート、パラレルポート、VGAポート、RJ-11モデムポート、Sビデオコネクタがあります。フロントパネルには、一対のステレオスピーカー、ステータスLEDの四重奏、ミニIEEE 1394ポート、マイクとオーディオ出力ジャック、サムホイールボリュームコントロールがあります。ワイヤレスネットワークは内蔵されていません。必要な場合は内蔵アンテナがないため、PCカードスロットを使い切る必要があります。

XGA TFTスクリーンは明るく鮮明な画像を提供し、ATI Mobility M6-Mチップセットは多くのドライバーオプションを提供します。 87鍵キーボードは、わかりやすいレイアウトと大きめの19mm鍵を備えていますが、私たちのレビューサンプルではやや気が利いています。ポインティングデバイスは、左右のマウスボタンと上下のスクロールボタンを備えた4ボタンのタッチパッドです。

機能については、それほど簡単ではありません。パフォーマンスはどうですか? Intelの最速のモバイルチップが現在1.2GHzのモバイルPentium IIIプロセッサ-M(ノースウッドのPentium 4、0.13ミクロンの部分に512KBのレベル2キャッシュを搭載している)を搭載していることを考えると、Ultimateの1.8GHzチップM6400。私たちは失望していませんでした。ビジネスウィンストン2001の得点42.7は、これまでに3番目に速いですが、Content Creation Winstone 2002の得点は26.8と、これまでに記録されたワークステーションクラスのDell Precision M40 26.1。

モバイルPentium III-Mの1.1-1.4Vと比較して1.5Vで動作することを考えれば、バッテリ寿命が犠牲になる可能性があります。ただし、Ultimate M6400のBatteryMark 4.01でのバッテリ寿命は2時間25分と非常に高く評価されています。 BatteryMarkは、すべての電源管理機能をオフにしてシステムを停止させるため、バッテリ寿命の「最悪の場合」の推定値です。しかし、モバイルチップではなくデスクトップでこのような長寿命を実現するために必要なバッテリは無駄なものです。Ultinote M6400の9セルLi-ionバッテリの定格は6,000mAhですが、モバイルチップは一般的に3,000-4,000mAhのバッテリを備えています。このシステムのより大きなバッテリーは、平均2スピンドルシステムよりも重い主な理由です。

したがって、パフォーマンスが非常に良好で、バッテリ寿命が重要な場合は、過熱やクロック・スロットリングに関するインテルの警告が、時間の経過とともに性能低下につながることは確かです。これをテストするために、30回連続していくつかのベンチマークを実行し、得点がテーリング・オフの兆候を示していないかどうかを確認しました。私たちのチャートが示すように、彼らはしませんでした – ビジネスウィンストン2001、コンテンツ作成ウィンストン2002とCPUmark 99テストは、それぞれ完了するまでに数時間かかりました。このテストの最後に、システムは過度に暖かくはありませんでした。私たちは、過度のファンノイズを認識しませんでした。

私たちは、このデスクトップPentium 4搭載のノートブックを傷つけようとしましたが、失敗しました。これは現在、ハイエンドのアプリケーションベースのコンテンツ作成Winstone 2002テストでこの分野をリードしています。これを実行して、約2.5時間のバッテリ寿命を実現します。重い使用の後に過熱に見えることはなく、過度に騒々しいではありません。はい、2スピンドルシステムではかさばって重いので、デスクトップチップには、Intelがモバイルチップに内蔵する省電力の調整がありません。しかし、同等の性能を発揮するシステムで£1,339(元VAT)を£2,000以上と比較した場合、デスクトップ代替システムとして主に使用する場合は、Ultinote M6400を十分に評価する必要があります。

Intelが強調しているデスクトップPentium 4ベースのノートブックの欠点は、ハイグレードのものよりもうまく設計されていない他のシステムでも顕著に現れるかもしれないことを指摘しておく価値があります。また、このような限られた時間幅を有するレビューは、潜在的な長期信頼性の問題を露呈しない。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン