グリーンITはナンバーワンの優先事項です:ガートナー

アナリストのガートナーによると、データセンターを稼動させ冷却するために必要な強力な電力要件は、現在、ICTからの世界の二酸化炭素排出量のほぼ4分の1を占めています。

主な問題は、現在のデータセンター排出量ではなく、むしろデータセンター排出量が他の炭素排出量よりも急速に増加しているという事実です。

GartnerのRakesh Kumarリサーチ・バイス・プレジデントは、同社のデータセンターサミットが今月行われる前に、PCとモニターの排出量の40%と比較しても、

この問題をめぐる広範な広報にもかかわらず、データセンターの排出削減には十分な注意が払われていない、とクマー氏は述べた。 「組織は、データセンターのCO2排出量を一定に保つことを目指すべきです。これは、過度のデータセンターの成長を抑制し、エネルギー効率の低いハードウェアを導入することと相殺されます。

現在の排出量の主な理由は、フロアスペースの不足、高密度サーバーの設置の失敗、消費電力の増加と発熱の増加です。

アナリストは、関連コストの懸念も強調した。 「今後10年間、マイクロプロセッサのエネルギー消費だけが上昇すると予測している」と同氏は指摘する。

ガートナーは、火曜日に発表された別の調査諮問では、同社の業界問題の評価では、グリーン技術がNo.1となったと述べた。リストには、統合コミュニケーションとビジネスプロセスモデリングの2つがあります。

メタデータ管理 – 顧客や製品の情報を簡単に統合し、サービス指向アーキテクチャーのような技術を支援するような問題を処理するプロセスを第4位にしました。

ガートナーの説明を各号に掲載したリスト

イギリスのウェブサイトのColin Barkerがロンドンから報告した。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

1:グリーンIT。グリーンITの焦点は2007年に最前線にあり、2008年には加速し、拡大します。構内交換機(PBX)を設置した基盤の20%は既にIPテレフォニーに移行しており、80%以上がすでに(IPテレフォニーの)何らかの形の試用を行っています。トップレベルのプロセスサービスは、エンタープライズアーキテクト、シニア開発者、プロセスアーキテクト、プロセスアナリストを含む一連のロールによって共同で定義する必要があります。少なくとも2010年までは、顧客データの統合、製品統合、製品情報管理を実装する組織は、これらのマスターデータ管理イニシアチブを企業全体の情報管理戦略の一環としてリンクします。仮想化技術は、ITリソースの利用率を向上させ、変化する要件やワークロードに適応するために必要な柔軟性を高めることができます。 2010年までに、Webマッシュアップは複合エンタープライズ・アプリケーションの作成のための主要なモデルになります; 7:WebプラットフォームとWeb指向アーキテクチャー。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)はより多くの市場で実行可能な選択肢になりつつあり、企業はサービスベースの配信が2008年から2010年の間に価値を提供できる場所を評価しなければなりません。コンピューティング・ファブリックは、今日存在するブレード・サーバーの中間段階を超えたサーバー設計の進化です。実世界という用語は、Webからの情報が実際の場所、活動、またはコンテキストに適用される場所を指します。これは、仮想世界のように、ユーザが直面する現実を補強することを目的としている。少なくとも2010年まで、エンタープライズWeb 2.0製品環境は、スタートアップ、大規模ベンダー、従来のコラボレーションベンダーを含む継続的な製品革新と新規参入企業により、かなりの流動性を経験します。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル