オーストラリアとニュージーランドの組織を対象としたオンライン脅威脅威

政府通信安全局(GCSB)の一部門であるニュージーランドのサイバーセキュリティセンター(NCSC)は、ニュージーランドの組織を対象とした強要キャンペーンを夜間に企業に警告した。

未知のグループは、支払いが行われない限りDoS(サービス拒否)攻撃を脅かすとNCSCは述べている。

別のグループ、ニュージーランドインターネットタスクフォース(NZITF)によると、同様の脅威がオーストラリアの組織に対してもなされている。

NCSCは、脅迫メールを受信した直後に、脅威が信憑性があることを証明するために、組織は短期間のDoS攻撃を受け、最大1時間続くと述べています。

NCSCは、より持続的な攻撃を実行する脅威が実現した場合を現在認識していないと述べた。

NZITFは木曜日、受信した電子メールは、ビットコインによる多額の支払いが行われない限り、組織のインターネット接続を奪うと脅していると述べた。

NZITFが知っている少なくとも4つのニュージーランド組織のネットワークはこれまでのところ影響を受けている」とNZITFのBarry Brailey議長は語った。

Brailey氏によれば、電子メールには

「25ビットコインを支払わない限り、あなたのサイトは攻撃を受けます。

「現時点で25台のBTCを持っていない可能性があることを認識しているので、24時間を与えています」

電子メールは、グループが行った他の攻撃についてのニュース記事へのリンクも提供します。

NZITFは企業がさらなる搾取の可能性のあるターゲットになるため、企業が支払いをしないよう促している。

NCSCは影響を受けた組織に対し、緩和策を議論するためにインターネットサービスプロバイダに連絡するようアドバイスした。

「該当する場合は、オンラインサービスをDoS攻撃に耐える能力を持つクラウドベースのホスティングプロバイダに一時的に移行する」と同氏は述べている。

DoS攻撃の期間中DoS攻撃緩和サービスを使用するWebサイトの機能を無効にする、DoS攻撃の標的となっているコンテンツ(たとえば、検索機能、動的コンテンツ、大容量ファイルなど)を削除する。

NZITFは、DoS攻撃がノンクリティカルサービス(特にSSDPとNTP)を介して行われる場合、関連するポートをブロックすることで一時的な緩和を提供する可能性があると述べています。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命