オンライングラント承認制度、インドのR&Dを開放

インドは、申請プロセスの厳しい紙の必要性を排除するため、グラント申請プロセスをデジタル化する新しいシステムの構築を提案しました;インドの下院では先週、 Kapil Sibalは、グラントワークフロー全体を管理するためのオンラインポータルである電子プロジェクト提案システム(e-PPS)を発表しました。これには、個人、研究開発(R&D)組織および機関による提案の提出、プロジェクト調査者(PI)およびワーキンググループによる提案の評価、プロジェクト推奨およびプロジェクト監視が含まれます。デリーのノイダにある高度コンピューティング開発センター(C-DAC)にアプリケーションビルドを委任しました;ウェブサイトのインタビューで、C-DACのスピーチと自然言語処理の共同ディレクター、パラス・ナス・バルワルは、新しいシステムにより、数百ページに及ぶことがある紙に申請書や完全な提案書を提出する必要性がなくなると述べた。 Barwal氏は、新しいポータルは、より多くの人々が全国各地からより多くの提案を送ることを可能にするだろうと述べた。 「インドは、あなたが知っているように、非常に大きな国であり、様々な地方や地方があり、これらの地域の人々は単にオンラインで提案書を送ることができます。

ポータルはまた、より多くの人々に研究開発のためのグラントを申請し、プロセスを合理化する能力を与えます。

申請書は関連部門に郵送する必要があります。複数のコピーが彼らに追求する価値があるかどうか評価するためにPIに供給される。成功した場合、申請者は最終的な承認を行う専門家(4人から5人を含む)に完全な提案書を提出する必要があります。最後に、成功した申請書を申請者に郵送します。

新しいe-PPSシステムはオンラインで文書をホストし、どこからでもアクセスすることができます。候補者は、インターネット接続がある場合でも同様に適用できます。また、電子政府、モバイル、クラウドなどさまざまな分野で利用可能なグラントに関する関連情報も検索できます。

より多くのアプリケーションを導入し、承認プロセスをスピードアップすることで、最終的には、インド政府によれば、システムが最も必要とされる場所に資金を提供するのに役立ちます;同様のシステムが、インドコンセプト医療研究(ICMR)組織16数ヶ月前、Barwalは言った、すでに2,500の提案を受けています。すべてのアプリケーションと提案はアーカイブされ、重複がないことを保証するために検索可能である;政府はシステムを使用して、異なる部門間の総研究開発費を監視することもできる。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイルペイメント、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す