インドへのカンタス航空、340の雇用がなくなった

カンタス航空は、インドのサービス会社SatyamとTata Consultingにアプリケーションのサポートとメンテナンスをオフショアとして提供するため、今後15ヶ月間で340のテクノロジー雇用を削減する予定です。

カンタス航空のジェフ・ディクソン最高経営責任者(CEO)は、航空会社は、自社のITスキルを業界のベストプラクティス標準に発展させるためにかかる1億豪ドルを正当化できないと述べた。

「これらのアプリケーションを継続的にサポートするために必要なスキルを持つサプライヤが集中しており、これらのサプライヤはQantasのような航空会社には合わないほどの規模と効率を達成しています。

アプリケーションのサポートおよび保守作業は、幅広いコンピュータ言語および技術を使用する300を超えるアプリケーションに関連しています。

この作業の多くは、システムの経年変化を伴います。

SatyamとTataへの移行は11月に始まります。

Dixonによると、Qantas ITの仕事の3分の2はオフショアであるとのことです。

この発表は、カンタス航空のシドニーでの年次総会に続くものです。同航空は、昨年の17.8%増の763.6百万豪ドルの税引後利益を計上した。

スタートレック:私たちの科学は科学のフィクションに近い9つの方法

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

高度な文明のすべての時間の最高の技術の発明

Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説、モビリティ、Kobo Aura ONE、First Take:大画面電子リーダー8GBのストレージ;イノベーション;すべての時間の最先端の技術発明高度な文明