インテルの収益:サーバー、PCのアップグレード中に第1四半期に好調

インテルは、第1四半期の好調な業績と見通しをPCおよびサーバのアップグレードサイクルに乗せることが期待されています。

ウォール街では、インテルが第1・四半期決算を発表し、火曜日の売上高は93億8000万ドルとなり、1株当たり38セントとなった。粗利益率は61.27%になると予想されている。この見通しについて、ウォールストリートは第2四半期の収益は98億ドルで、1株当たり36セントの利益を期待している。

アナリストは後半の見通しを注意深く見守ります。ウォールストリートは、第3四半期に104億ドル、第4四半期に111億ドルの収益をモデル化している。

アナリストの主なコメント

Piper JaffrayのAuguste Gus Richardが研究ノートで述べた

私たちは、インテルが長年にわたり、PCに対する強い需要の期になると信じているものに最善の競争優位性を持っていると考えています。同社は強力なQ1を有しており、当四半期の見積りを上回るまたは上回る見込みです。当社の見積りに対する調整は、収益後の方が高くなると予想している。業界の連絡先との確認と会話に基づいて、Intelの製造上のリーダーは、今後数年の間に、PCを超えて販売を拡大する機会を加速し、強化すると確信しています。

オッペンハイマーのアナリスト、リック・シェーファー

当社は、エンタープライズ支出の主な要因である2010年には、2009年の同様の金額を控除した今年の8%の増加が予想されることから、2010年に強いPCサイクルを見込んでいます(インテルの成長率> 15%Y / Y) EXは2010年のサーバアップグレードサイクルを推進するのに役立ち、INTCが2009年のシェア獲得を可能にするはずです。

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

ウェルズファーゴのアナリストDavid Wong

2010年の残りの部分を見ると、売上総利益率は17%で、売上総利益率は62%で、2009年の56%から大幅に増加しています。インテルが最近立ち上げたWestmere-EPとNehalem-EXサーバーチップの初期投入から、年を通した企業向けのPCリフレッシュまでの好調なミックスシフト。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ